城彩会歯科ガーデンクリニック 城彩会歯科ガーデンクリニック

平野区 喜連瓜破で歯の治療においてお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

06-6703-6483

|医療法人城彩会|

  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年5月8日

友人と話しをしてて面白くも困った話しがでました😅

世の中には色々なダイエット法が存在します。
その中のひとつ「間食ダイエット」や「おやつダイエット🥧」も最近有名ですね。
間食を多くとり、夕食の量などを減らすことでトータルでのカロリー摂取量や血糖値の大幅な変化を抑える方法です。
友人は間食は健康に良いと言って積極的に実行していたそうです。

しかし、それは歯にとっても良いこと!とは言えません。むしろ良くないことの方が多いのです…。
それは✴…、
口の中のpHが歯に悪いほどの酸性に傾いたままになってしまうからです…。

酸性に傾くと、歯が溶けてしまう要因になります。
口の中がむし歯になりやすい状態に保たれてしまうんですね。
聞いた友人は驚いていました。

ただ、対処法はあります。
間食をする中でも、pHを中性付近に早く戻してあげればいいのです。
歯磨きをするのが一番ですが、間食ごとにオフィスなどで歯磨きをするのは難しいかもしれません。
そんな時はPOs-Caなどのガムをかむのがお勧めです。
ガムをかめば唾液が出て、唾液の緩衝作用でpHがもとに戻ります。少しお行儀は悪いですが…😅

そして、勘違いしてはいけないのが、「間食」は「だらだら食い」とは違うということです。
間食はあくまでも食事と食事の間に時間を決めて食べることを言います。
だらだら食いは時間を決めずだらだらと食べ続けることです。
だらだら食いは歯にとって、とっても悪いのでやめましょう。
糖分のはいった飲料の「だらだら飲み」も同じです。
微糖缶コーヒー☕もアウトです。
飲んだあとは歯磨きをする。せめて、無糖の水やお茶でゆすぐ。できたらなんらかの対策をとる。
だらだら食べない、飲まない、を意識しましょう💡

少し話しがそれましたが、口の中を歯に悪いほどの酸性にしないことが大事です。
世間で薦められていることや流行っていることが歯に悪いことはたくさんあります。
またそういう話しが出てきた際にはこちらで取り上げるようにしますね😬

2019年5月4日

こんにちは、GWも今日を入れてあと3日となりましたね。どのように過ごされたでしょうか。
普段と変わらずお仕事をされていた方や、ゆっくり過ごされた方、旅行に行かれた方など様々かと思います。

元号も令和に変わり、来週から新たな時代が動き出しますね。
私たちも気持ち新たに、皆様にさらに安心感を持って通っていただける歯科医院を目指してスタッフ一丸となって努力していきます。

診療は5月7日(火)からで、通常休診日の水曜日である翌8日も夕方まで診療いたしております。
連休中や普段の生活で感じたお口のトラブルは早めに改善しておきましょう。皆様のお口が健康な状態になり、今後の生活に彩りを与えられるようぜひご来院ください。
休診中でもLINEでのご予約は可能です。ぜひ休診中は便利なLINE予約をご利用ください。
またLINEで予約不可の場合も、お電話ではご案内できることがあります。お電話の場合は5月7日(火)8時45分以降にご連絡ください。

すべての患者様が治療を終了されメインテナンスのみで通える状況を作るのが私たちの使命だと考えております。何もなくても当たり前のように歯科医院に通う、そんな世の中をつくり、お口の中に不安のない日々を過ごしていただけるよう啓蒙してまいります。

2019年4月16日

先週の土曜日に地域の医療関係者が50名程度集まって地域医療連携の会食が行われました。院長も主催者として挨拶を行い、盛会のうちに終えることができました。

平野区の診療所や病院、薬局などが互いに連携することであたかも一つの大きな総合病院のように機能することを目指しています。
患者様の情報をシームレスに共有することで様々な利点が生まれます。
たとえば、時間短縮、バックグラウンドの理解などが挙げられます。
当院ではそのような連携の一端を担うことで歯科からの健康増進により地域社会に貢献すべく努力しています。

また、当院の治療費が高いという声が聞かれるという意見がありました。
保険診療は全国で統一して決められているので高いも安いもないのですが、当院は1回あたりの治療内容が多いことがよくあります。むやみに治療回数を増やさずに治療内容を多くしてできるだけ短期間で幅広い治療を行うためです。当院では初めにトリートメントコーディネータ―により、治療全体のカウンセリングを行います。その際に、希望などがあればお聞かせください。患者様に寄り添いながら治療計画を立てますのでご安心ください。

 

 

地域医療連携のメンバーである高遼会病院のフェイスブックでも紹介されていましたのでリンクしておきます。
稲嶺区長が来られた様子も掲載されています。

2019年4月8日

今年もクリニック横の桜🌸が綺麗です。
毎年この桜が咲くととても綺麗で心が癒されます。
今年は例年より長く咲いている気がします。昨日の雨でも散らなかったのでにもう少し楽しめそうですね。

桜といえば新しい一年、春の訪れ。
当院にも新しい歯科衛生士が4人入社いたしました✨今、必死に当院のことを学んでおります。
通院してくださる患者さまの口腔ケアを担当できるよう日々努力し成長してくれることでしょう。

今週はまた寒い日があるようです。皆様体調に気を付けてお過ごしくださいね。

2019年4月4日

もう既に見られた方もいるかもしれませんが、喜連瓜破駅に看板を出すことになり、今月から掲出開始となりました。
以前より、当院の駅からの位置が分からないというお声を多くいただいておりましたので、近い出口番号を示し地図を付けて当院の位置が少しでもわかるよう工夫しております。
当院は駅から少し距離があり徒歩で14分ほどかかります。場所も目立たないところにありますので電車で来院される患者様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
そしてこの看板は当院の雰囲気を理解していただくため、デザインにもこだわって作製しましたのでぜひ一度ご覧ください。

2019年3月23日

矯正治療の重要性を意識しだすと知りたいことが多く、最近は矯正の勉強会に出席することが多くなっています。
矯正歯科は専門のクリニックが多数存在し、それ一つで開業できるほど奥深い学問です。
そんな矯正治療ですが、もちろん一般歯科の先生が知っておくと非常に有用です。
被せ物やインプラントにしても矯正治療の知識があると治療に対する奥行きが拡がります。
当院では矯正専門医の先生に来ていただき、矯正治療を行っています。
それに加えて一般臨床の中で矯正の診断や、矯正の知識を活かして治療を行っていけれればもっといい治療ができると考えています。
ですから矯正の勉強も怠らず、日々研鑽しています。

矯正治療は見た目を改善することも大きな目的の一つです。
部分矯正で対応できる症例があれば当院でも積極的に行っています。
かみ合わせの変化を伴う全顎矯正が必要なことの方が多いことは確かですが、ぜひ一度気軽にご相談ください。
軽度のガタガタなどであればアライナー矯正を数枚使用するだけでも十分対応可能なことがあります。
矯正治療には様々な方法があり、患者さんにより最適な方法は変わります。
ぜひ相談だけでもしてみてくださいね。

2019年3月7日

当院は完全バリアフリーです。
駐車場には一台分、身障者用駐車場を設けています。
幅が広めにとられていますがお手伝いが必要な場合はお気軽に駐車スペースの横にあるインターホンでスタッフをおよびください。

駐車場からそのままスロープで入口へ、入口は自動ドアです。
土足のままお入りください。靴を脱ぐ必要はございません。


1階は段差はございません。
2階の診療室へはエレベーターで行くことができます。


身障者用トイレもございます。
トイレのドアは自動ではないのでスタッフにお声掛けください。

車椅子だと通常の歯科医院では診療台に行くまで一苦労ということがあります。
段差があったり幅が狭く車椅子が通ることができないこともよくあります。
ぜひ当院で受診ください。スタッフが笑顔でお手伝いいたします。

ベビーカーも同様にストレスなく診療室まではいることができます。
お子様の診療時は親御さんは待合室でお待ちいただきますが、親御さんの治療時はお子様は診療室内にいていただいて構いません。
赤ちゃんが泣いてしまっても完全独立型個室なので周りへの遠慮なく診療を受けることができます。
普通は赤ちゃんが泣くと周りに気を遣わないといけないので気疲れしてしまうお母さんも当院なら大丈夫です!
ぜひ、赤ちゃん連れで当院へお越しください。

2019年2月28日

ルーペ(拡大鏡)は歯科治療において、もはやなくてはならないものとなっています。
ルーペがないとほとんどの処置ができません。
倍率やタイプは処置により使い分けますが、必要不可欠なことにはかわりありません。
歯科医師は非常に細かい領域で治療にあたっています。そのためルーペは手放せない相棒のようなものです。

 

これくらい見え方に差があります。
違いがよくわかると思います。

ですから学校検診などでむし歯がないと言われても歯医者に行くと実はむし歯があったりします。もっとも、学校検診は少しでも怪しければむし歯の疑いありと判断しますので、実はなかったということもありますが…。
いずれにせよ、学校検診のような椅子に座って対面で口をのぞき込んで診察するよりも歯科医院で診療用チェアで寝かせた状態でライトやルーペを用いて行う診察では環境が違いますのでぜひ歯科医院で検診をうけてくださいね。

そしてその際は、ルーペや、その他の診断機器を使用しているかどうかを気にしてみてください。

当院では歯科衛生士がメインテナンス(歯のクリーニング)を行うときもルーペを用いています。細かい箇所についた汚れや歯石を逃さずに綺麗にするためです。
また、メインテナンス時にむし歯を小さい状態(初期むし歯)で見つけることも可能となるため早めの治療が可能となります。
小さいむし歯の段階で治療を行うことで根っこの治療を行わなくて済んだり、小さな詰め物のみで処置が可能になったりします。
せっかくメインテナンスに通われているのだったら、むし歯に少しでもなりにくい処置方法、もしくは小さなむし歯で発見してほしいですよね。

ぜひ、そんなところにも注目して歯科治療を受けてみてください。

 

View this post on Instagram

 

こんばんは☺︎ ◤#ルーペ ◢ ドクターは全員、ルーペを使用して治療にあたっております👓 肉眼よりもよく見えるので、#学校検診 でムシ歯がないと言われた方でも新たにムシ歯が見付かることもありますので、1度歯科での検診をおすすめ致します。 ドクターごとに倍率や種類、色が違うので個性が見られますね·˖✶ お気に入りのルーペありましたか?(*´꒳`*) . #歯科#歯科医院#歯科医師#歯科衛生士#歯科助手 #平野区#平野#喜連瓜破#喜連#瓜破#瓜破西 #東住吉区#東大阪市#大阪市#矯正 #インプラント#審美歯科#歯周病#インビザライン #dental#dentalclinic#implant#perio #followme

城彩会歯科ガーデンクリニックさん(@josaikaigardenclinic)がシェアした投稿 –

2019年2月21日

昨日、なんばsky’o内にあるコワーキングスペース、WeWork内で一般の方向けに口臭についてのセミナーを行いました。スピーカーは当院のトリートメントコーディネーターの占部が担当しました。口臭はみなさん関心があるようで非常に熱心に聴講されていました。

事務長、赤崎も司会進行を担当しました。

口臭は想像以上に他人に気にされています。皆さんも他人の口臭が気になったことはあるはずです。しかし、自分では気づかないことが多いのも事実です。
知らず知らずに他人に不快感を与える口臭の原因は何なのか、そしてどう対策すればいいのかという内容でした。

口臭の多くは歯についた汚れやそれが原因となり発症した歯周病が原因です。
つまり、口臭は病気なのです。
歯についた汚れはどれだけ上手にセルフケアができる人でも約70%しか除去できないと言われています。
残りの30%は歯科医院で除去してもらうしかないのです。
ですから定期的に歯科に行き、教育された歯科衛生士によるメインテナンスを受けることが非常に重要です。
それによりあなたの口腔内の環境は大きく左右されてしまいます。

 

口腔内の環境を整えるために衛生士による専門的ケア(プロフェッショナルケア)を受けていただき、口腔内に関心をもっていただくことで患者様ご自身によるセルフケアの質を高めていただくことが大切です。

ぜひ、美容室に定期的に行くように、歯科医院を受診してください。

当院にはそのような感覚で通って頂いて構いません。
3か月に1回の通院なら年に4回です。その頻度であの長く煩わしい歯科治療を受けなくて済むのなら…それに越したことはないと思いませんか?
私たちとしても治療介入が少ない方が当然歯の寿命は長くなるのでうれしく思います。

皆様の美しい歯をいつまでも健康に。

それが私たちの大きな願いです。

instagramでも取り上げています😉
ぜひinstagramもフォローしてくださいね⭕

 

View this post on Instagram

 

こんにちは◎ 昨日は休診日でしたが、なんばスカイオにあるコワーキングスペースweworkにて口臭についてのセミナーをおこないました·˖✶ 口臭を予防するタブレットの紹介も行いました。 気になられる方は当医院でも販売してます。 是非お問い合わせください☺︎ . #歯科#歯科医院#歯科医師#歯科衛生士#歯科助手 #平野区#平野#喜連瓜破#喜連#瓜破#瓜破西 #東住吉区#東大阪市#大阪市#矯正 #インプラント#審美歯科#歯周病#インビザライン #dental#dentalclinic#implant#perio #followme

城彩会歯科ガーデンクリニックさん(@josaikaigardenclinic)がシェアした投稿 –

2019年2月19日

バクテリアセラピーという言葉をよく耳にするようになってきました。
今日は最近ますます注目されるようになってきたバクテリアセラピーについてのお話しです。

Designed by Freepik

人間は膨大な数の細菌とともに生きています。
人間の細胞の数が30~40兆個とされるのに対し、細菌の数は数十~数百兆個と言われています。
まさに共生関係にあるわけです。

そうすると、細菌を死滅させるのではなく、細菌といい関係を保つことが大切であることがわかってきます。
菌の質を改善し、健康に役立てる。それがバクテリアセラピーです。

~セラピーと聞くと、医学的ではない印象を受ける方もいらっしゃると思います。少し怪しいのではないか?本当に意味があるのか?といった疑問が生まれてきても仕方がありません。
日本では、~セラピーという言葉が安易に使われ、氾濫しているからです。
しかし、バクテリアセラピーはれっきとした医療技術です。
学会でも「バクテリアセラピーとは病原菌の抑制・制御を行う効果の確認されている菌株を摂取することで、宿主の菌叢を良好に維持または再建する技術。」(1946, Florey, 1999, Hillman)と定義されています。

当院では、口の中の菌質改善(菌活)にバクテリアセラピーを取り入れています。
日々の口腔ケアにバクテリアを加えていただくことを推奨しています。
導入しているのは数ある乳酸菌の一種であるL.ロイテリ菌という菌です。
なぜこの菌なのかというと、それはロイテリンという抗菌物質を産生することができ、なおかつ口の中や腸管などに生着しやすい希少な乳酸菌だからです。
どうせバクテリアセラピーをするなら効果的に働いてくれる菌がいいですもんね。
そういう意味では口の環境改善にはぴったりな菌種なんです。


実際の使い方は簡単です。
当院でお勧めしているのは「タブレット錠剤タイプ」と「リキッドオイルタイプ」です。
好みによって使い分けていただいて構いません。

まず、タブレットタイプですが30錠入っています。
1日1錠舐めていただきますので、1か月分です。
値段は3000円で、3箱まとめ買いいただくと8000円となります。
【利点】
・タブレットタイプなので手軽に摂取できる
・ミント味が好きな人には好評
・舐めて摂取するので口腔内に留まる時間が長く、隅々までいきわたりやすい
【欠点】
・就寝前に摂取するのが効果的だが、寝る前に舐め回すのが面倒
・ミント味が強く苦手な人には難しい
・噛んで摂取してしまうとすぐ飲み込んでしまい、口の中への効果が弱くなってしまう

 

リキッドタイプは1日5滴以上摂取が目安です。大体1か月半~2か月ほど使用できます。
1本5000円で販売しております。
【利点】
・舐める必要がないので楽
・無味無臭に近い(特有のオイル感は有)
・寝たきり等、咀嚼力が弱くても使用できる
・入れ歯などの内側に垂らして使うこともできる
・赤ちゃんにも使える
【欠点】
・特有のオイル感が苦手な人には難しい
・舐め回すのが難しいと口腔内に留まる時間が短くなってしまう
・ぽたぽた垂らすか、スプーンを使う必要があり、タブレットに比べると手軽さに欠ける

以上の2種類を当院ではラインナップしています。
使用するタイミングはいつでもいいのですが、就寝前がベストです。
歯磨きの後にマウスリンスを使用している場合はマウスリンスでロイテリ菌が殺菌されるのを防ぐためにマウスリンス使用後30分は時間をあけることを推奨します。

また今はペイペイがキャンペーン中です‼
ペイペイでのお支払いで、
タブレットタイプは
1箱3000円が実質2400円に、
3箱8000円が実質7000円に、
オイルタイプは
1本5000円が実質4000円で買えちゃいます!
お得なので、ぜひこの機会にお買い求めくださいね🙂🙂

1 2 3
 
城彩会歯科ガーデンクリニック