城彩会歯科ガーデンクリニック 城彩会歯科ガーデンクリニック

平野区 喜連瓜破で歯の治療においてお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

06-6703-6483

|医療法人城彩会|

  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年2月8日

当院では積極的に近隣の病院・医院との連携をすすめています🏥

歯周病と全身の疾患とは非常に深い関係があり、相互に影響を及ぼすことが知られています。
特に糖尿病との関連は深く内科との連携は非常に重要とされてきています。
歯周病を治療すると糖尿病もよくなり、糖尿病を治療すると歯周病もよくなります。
これに関してはまた後日詳しくお話しすることにしますね🙆‍♂️

その他の科では蓄膿症では耳鼻咽喉科と金属アレルギーでは皮膚科と、関節リウマチでは整形外科と、…幅広く関係しています。意外と歯科だけは別で考えられる方が多いですが全身の入口である“口”は体全体に関係しているんですね。ですから歯科と医科との連携は大事なのです。

また最近積極的に進めているもののひとつが妊婦検診です。妊婦さんは女性ホルモンの影響で歯肉が腫れやすいことがわかっています。それに加えてつわりによる嘔吐反射により歯磨きができなかったり、食生活が乱れることで口腔内環境が悪化しやすくなります。ですから、妊婦さんの歯科検診は非常に重要なのです。妊娠された方はぜひ一度検診に来てください。安定期であればほぼ通常通り治療可能です。
一番いいのは、妊娠する前に口腔ケアを始めることです✨
最近ではプレコンセプションケアという言葉とともに一般にも認知されるようになってきました。ブライダルチェックという呼ばれ方をしていたことがあるのでそちらの方がピンとくる方も多いかもしれません。

どうして妊娠前のケアが必要かというと、重度歯周病の方が妊娠した場合、低体重児出産や早産のリスクを減らすには妊娠してからのケアでは遅いという論文があるからです。
もちろん、その時の口腔内状態を良好にすることはできるため治療自体は有効なことは変わりませんので、もう妊娠してしまったからケアをしても遅いというわけではありませんが…。
できることなら妊娠を望んでいる場合、一度妊娠前に口腔内環境をしっかりと整えておきましょう💫

また育児中のお母さんも口腔内環境は悪化しやすいといえます。子どもに手がかかり自分のことにかまってられなくなってしまうからです。まだ口腔教育が充分とはいえない日本では、そういう時に歯磨きが真っ先に疎かになってしまいがちです。どうか疎かにせず、歯科に通ってください。当院では完全個室、完全バリアフリーなのでベビーカーごと診療室に入れます。お子様が泣いても他の患者さんに気を遣う必要はありません。そういう状況にも当院のスタッフは慣れています。ぜひ、気兼ねなくお越しください。お子様に菌を移してしまう前に口腔内を整えましょう‼

http://www.city.osaka.lg.jp/hirano/page/0000222385.html#18
当院は地域の子育てを応援すべく「キッズひらちゃん子育て応援団」にも参加しております。
歯科からの健康増進により地域社会に貢献すべくこのような活動も進めて参ります。

ラインでの予約も可能です。お子様の来院予約をお母様が一括管理することが可能ですのでぜひご利用ください。
分からないことは何でも聞いてください。
勇気を出して一歩中に踏み込んでいただけると、院内は落ち着ける雰囲気です。日頃の疲れを癒しに当院にケアにお越しください。将来、困らないためにも今から歯科習慣を始めましょう❗

 

2019年2月4日

矯正治療と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。
ほとんどの方は歯並びを綺麗にすることでしょ?と思うのではないでしょうか。

確かに、歯並びを綺麗にして見た目を美しくすることも矯正治療をおこなう大きな理由のひとつです。
しかし💡それだけではなく、かみ合わせを治すという重要な側面もあります。
かみ合わせが悪いと、歯に大きな負担がかかったり、むし歯や歯周病になりやすくなってしまい、早期に失ってしまう可能性が高くなってしまいます😢
まだまだ日本では矯正治療の必要性が理解されていません。
当院では相談は無料で行っております。気になる方は一度お話しだけでもいかがでしょうか。
今後の人生のために矯正治療をする。そんな未来を見据えた考えが広まるとうれしいです✨

当院では従来の歯の表面にワイヤーをはるタイプだけはなく、目立たない舌側矯正も行っております。
それぞれにメリットデメリットはありますので、相談時になんでも聞いてくださいね⭕またアライナー矯正という、マウスピースのようなものをはめて行う矯正も最近は人気です。
取り外しが可能なため清掃がしやすく、むし歯などになりにくいことや、ワイヤー矯正より歯を動かすときの痛みが少ないことなどが利点です。
逆に欠点は取り外しできるので患者様のしっかりとした確かなやる気がないと歯が動かないことです。
患者様がどれだけ頑張ってくださるかに治療結果が大きく左右されてしまいます。既にされている方は頑張ってくださいね❗

矯正治療中の欠点は、う蝕(むし歯)や歯肉炎が起きやすくなってしまうことです😅
矯正専門の医院ではなく一般歯科で矯正治療を受けるメリットとして、そのような場合もすぐに処置可能であることが挙げられます。
また、その後の治療もスムーズに進めることができます。
ぜひ一度今後の人生のために、一生役に立つ矯正治療を考えてみてください🙂

2019年2月1日

当院には認定を受けたトリートメントコーディネーターが2名在籍しています。
トリートメントコーディネーターとは患者様と歯科医師をつなぐ橋渡し役的な存在です。
当院では初診の患者様は急性症状が落ち着いた時点でほぼすべてのかたがトリートメントコーディネーターによるカウンセリングを受けることになっています。
カウンセリングは専用のコーディネートルームで行います。

これが非常に大切‼なのです🔅
当院の大きな特徴のひとつでもあります✨✨
今の状態を図にしたものと治療後のイメージもお渡しします。
他にも口腔内写真や患者様自身の模型も使用します。

患者様ご自身の現在の状態を知って頂き、将来を一緒に設計していく。
意外とご自身のお口の中がどうなっているかは患者様は知らないことが多いです。
自分の模型や写真を見て驚かれたりすることも多々あります。

時にはプライベートにまで入り込み患者様に寄り添う存在…。
口の中から体全体の健康を考え、将来困らないよう管理していける歯科医院を目指しています。

当院にお越しの際はぜひトリートメントコーディネーターになんでも相談してみてくださいね。

instagramでも取り上げています😉
ぜひinstagramもフォローしてくださいね⭕

View this post on Instagram

 

こんにちは⸜︎☀︎⸝ 今日は早めに更新です◎ . ❝ #トリートメントコーディネーター (#TC )❞ 患者様と歯科医師の間にたって、治療の説明やご相談に応じる仕事です。 当医院には、2人のトリートメントコーディネーターがおります。 ご不安なことや、気になることがあればお気軽になんでもお声かけください。 . #歯科#歯科医院#歯科医師#歯科衛生士#歯科助手 #平野区#平野#喜連瓜破#喜連#瓜破#瓜破西 #東住吉区#東大阪市#大阪市#矯正 #インプラント#審美歯科#歯周病#インビザライン #dental#dentalclinic#implant#perio #followm

城彩会歯科ガーデンクリニックさん(@josaikaigardenclinic)がシェアした投稿 –

2019年1月31日

今朝、ラジオで表題のようなことを言っていました。

その通りだと思います💡

あれ?治ったかな?と思った症状は治っていません。
放っておくとどんどん進行してしまい、次に症状が出た時は手遅れに…😖
アメリカなどでは歯の治療は優先度が高く車が欲しくても先に歯医者にいく、というのが当たり前だそうですが、日本ではその逆です。歯はいつも後回しになってしまっています。
これは歯に対する教育が少なすぎた結果かもしれません。
歯を失うと今後の人生がどうなるのか、そこまで想像してみると歯は優先すべきものという考えになるはずなのに…と思います。

しかし、今日うれしい驚きもありました❗
初診で来られた歯科医院が初めてという9歳の少年に「歯に汚れがついてるよ」という話しをしていたら「プラークがついてるの?」と返してくれました。
プラークという言葉は学校で習ったそうです✏最近は歯の教育も始まってきているのかもしれません。
それをどんどんと広めて地域から虫歯や歯周病をなくしたい。
それが大きな目標です。

歯を失うとなし崩し的にお口の状態は悪化してしまいます。
そうなる前に、ひどくなる前に、違和感を感じたら歯医者へお越しください。
そして、そこから定期的に通う習慣をつけられたらいいですね✨

痛くなっても行かない場所
🔻
痛くなったら行く場所
🔻
痛くならないように行く場所

と、どんどん意識が変わっていければいいと思います。

2019年1月28日

昨日1月27日に名古屋で行われた、GNDMに参加してきました。

補綴(ほてつ)とはクラウン(被せもの)や入れ歯などで歯を補うことを言います。
補綴臨床温故知新と題されたセミナーでしたが、補綴治療は確実に変化の時を迎えようとしています。
デジタルデンティストリーと呼ばれるようなデジタル時代の到来や、従来当然とされてきていた歯の削り方にもさまざまな変化がみられます。

常識とされてきたものに縛られず時には疑い、新しいものを嫌わず一度勉強してみる。

これが非常に大切だと感じました。
柔軟な発想を持って生涯勉強し研鑽し続けようと思います。

2019年1月28日

こんばんは。
もう今年も1か月が過ぎようとしていますね。
本当に時間の流れは早いものです。
さて、今日の話題ですが…
この時期、歯科医院に来院される方で多いのは「かぶせ物(クラウン)が外れた」「詰め物(インレー)が取れた」という患者様です。
なぜだと思いますか??

…そうなんです💡
お餅などでひっついて外れてしまうんですね。
痛くなければしばらく放っておいていい…というものではありません。

歯は歯髄や象牙質という組織をエナメル質が保護する構造になっています。
歯髄は歯の神経や血管が入っている組織ですが、その組織と象牙質はつながっているので象牙質-歯髄複合体ともよばれます。

ですから、被せものや詰め物がとれて象牙質がむき出しになっている状態は良くありません。
歯の神経(歯髄)が残っている場合は痛み出す可能性があります。
処置済みで残っていない場合は神経が痛みだすことはありませんが、歯が知らず知らずむし歯におかされたりボロボロになってしまいもう使えなくなってしまうことも考えられます。

被せ物などが外れた場合は痛くなくてもすぐに歯医者へ行きましょう。

2019年1月23日

皆様、こんにちは。
城彩会歯科ガーデンクリニック院長の本城裕也です。
インフルエンザが猛威をふるっておりますが体調を崩されてはいませんか?

本日より、ブログを始めることにしました。
地域にもっと頼りにされる医院になれるようスタッフ一同努力してまいります。
そこで当院をもっと身近に感じてもらうためにも、これから、お口の中に興味をもってもらえるような話題やちょっとしたコラムなどを発信してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また医院に来られた際にブログの内容などを話題にしてみてくださいね。

1 2 3
 
城彩会歯科ガーデンクリニック