城彩会歯科ガーデンクリニック 城彩会歯科ガーデンクリニック

平野区 喜連瓜破で歯の治療においてお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

06-6703-6483

|医療法人城彩会|

  • アーカイブ

  • カテゴリー

開咬(オープンバイト)~前歯で噛み切ることができますか?~

2020年1月21日

皆様、開咬(オープンバイト)という言葉を聞いたことがありますか❓
あまり耳馴染みない言葉かもしれませんね。

開咬(オープンバイト)とは前歯がかみ合っていない状態の「かみ合わせ」のことを言います。
「かみ合わせ」には色々あります。そしてよくないかみ合わせのことを「不正咬合」といいます。

不正咬合の種類
①ガタガタ(叢生)

②出っ歯(上顎前突)

③受け口(反対咬合)

④すきっ歯(空隙)

⑤かみ合わせが深くしたの前歯が見えない(過蓋咬合)

⑥開咬(オープンバイト)

などが挙げられますが、中でも気づきにくいのが開咬です。
歯並びがそこまで悪くないように見えますし、患者さんはそのかみ合わせに慣れてしまっているので前歯で噛み切れないことをなんとも思わないからです。
昔からそうなので、言われてみないと気づかないのです。

しかし、開咬は非常にやっかいなんです😅
他の気づきやすい不正咬合より、タチが悪いのです😥

そして不正咬合の中で開咬はそこまで低い割合ではありません。
実は受け口(反対咬合)の人よりも多いのです。
(歯科疾患実態調査より)

開咬の何が問題かというと、前歯で噛み切れないことだけではありません。
前歯がかみ合っていないことにより、奥歯にすごく負担をかけてしまうのです🙅‍♂️

実際、開咬の患者さんは奥歯に被せ物などが入ってしまっている方が少なくありません。
奥歯にだけ力がかかってしまい、歯が欠けたり、ひびが入ってしまいむし歯にもなりやすくなってしまいます。

そのため、開咬は気づかずに放置していると非常に問題です。
ですから、歯医者で開咬を指摘されたらぜひ真剣にそのことについて考えてみて下さい。
開咬を治すには基本的には矯正治療を行うしかありません。矯正治療は時間も費用もかかるため強い意志が必要ですが、歯並びを直すことで噛み合わせを改善できる素晴らしい治療法です。

一度、ご自身でも歯並び、噛み合わせを確認してみてくださいね😃

当院では従来のワイヤーを用いた矯正に加え、内側にワイヤーを通す舌側矯正や、目立たないクリアなマウスピース型矯正も行っています。

また🎶目立たないマウスピース矯正はただいま新年のキャンペーン中🎶です。
すごくお得に始められますし、追加料金の発生しない料金形態なのでわかりやすくおすすめです‼

ぜひ一度声をおかけください。私(院長)やコーディネーターがとことんお話いたします👦👩

 
城彩会歯科ガーデンクリニック