城彩会歯科ガーデンクリニック 城彩会歯科ガーデンクリニック

平野区 喜連瓜破で歯の治療においてお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

06-6703-6483

|医療法人城彩会|

  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年3月29日

昨日、当法人(医療法人城彩会)の入社式がありました🙂
来年度の新入社員は7名です✨
こんなに多くの新入社員を迎えるのは初めてのことなのでスタッフみんな楽しみにしています😄

内訳は歯科医師2名歯科衛生士3名管理栄養士2名となります😀😀
また患者様にもご紹介しますね💡

当院の副院長の司会のもと、入社式は終始和やかに進行しました。
また入社式は新型コロナ感染対策を万全に行いました。

今後とも当法人をよろしくお願いいたします。

2021年2月27日

歯周病がひどく骨が溶けていたり、年齢を重ねることで骨が減っている方は歯の根の部分が歯茎に埋もれず露出しています。  LION HPより

そういった状態のことを「根面露出」や「歯根露出」といいます。
歯の頭の部分を「歯冠」というのですが、歯冠はエナメル質という強い組織に守られています。
しかし、歯の根の部分「歯根」はエナメル質に覆われておらず、酸に弱い「象牙質」という組織です。
象牙質がむき出しの歯根は弱く、虫歯が一気に進行しやすくなっています。

 LION HPより

しかも、そういった歯はすでに神経の治療済みのことも多いのです。神経の治療を行っていると、その歯は痛みを感じなくなっているため、虫歯が進行しても気づきにくいのです。

そこで、定期メインナンスで管理していくことが重要です。
根にできた虫歯は治療が困難なこともすくなくありません。
その場合は定期的にメインテナンスを行い虫歯の進行を遅らせる必要があります。
ぜひ、プロのメインテナンスを受けられてくださいね😀

2021年2月6日

当院ではライン登録を行ってくださった方向けに歯の豆知識を週2回程度配信しております。
配信はスタッフが担当していますが、今日の配信は「舌ブラシについて」でした😀

新型コロナウイルスの流行に伴い、その感染予防には口腔内の細菌を減らすことが重要であることが再認識されています。
その一つが「舌😛」の清掃です。
舌は口腔内でも大きな面積を占め、なおかつ細かい舌乳頭という毛のようなものがあり、その間にも細菌が存在します。
ですのでその舌乳頭の隙間に入るような舌ブラシがいいのです。

しかし、通常の歯ブラシやヘラタイプの舌ブラシでは力がかかりすぎ、舌を傷つけてしまう恐れがあります。
また歯ブラシタイプの舌ブラシでは舌乳頭の隙間にうまくフィットしません🙅‍♂️

そこで、当院では「舌フレッシュ」という舌ブラシをお勧めしています。
これはねじりブラシタイプで効率的に汚れを除去できます⭕

使用法は舌ブラシを舌にあて、軽く数回こするだけです。
決して強い力で何回もごしごししてはいけません。
舌が傷ついてしまいます。やりすぎは禁物です❌

みなさんも正しい舌ケアの仕方を知って口腔内の環境を良い状態に保ちましょう‼
当院の衛生士になんでも相談してみてくださいね!

このような豆知識を配信している当院のライン登録はこちらからどうぞ
⬇⬇⬇⬇

2021年1月6日

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は新型コロナウイルスが猛威をふるい、大変な1年となりました。
流行し始めたころはここまで蔓延するとは思わなかった方も多かったと思います。
何事も想定外が起こると思って生活することの重要性を感じました😔

今年はワクチンも流通し、収束へと向かってくれることを切に祈ります。

当院は明日1/7木曜日より通常通り診療を開始いたします。
明日から週末にかけて寒い日が続きそうですが、お身体に気を付けてお過ごしください。⛄❄

2020年12月2日

当院は新大阪歯科衛生士専門学校の実習先となっているため、実習生の学生が午前中のみ時々来ています。
実習生には実習の一環として治療見学や学生相互実習などをしてもらっています。
将来の歯科衛生士さんの教育に携われることを誇りに思って私たちスタッフも学生さんへの指導を行っております📝

ピンクの白衣を着ているのが実習生です。
もし患者様で何かスタッフに尋ねたいことがある場合は、実習生以外のスタッフにお聞きください😀

実習生が当院で実習し、歯科衛生士という職業に誇りを持ち素敵な歯科衛生士になってくれることを祈っています😁

2020年11月20日

当院に初めて来院された患者さんは良くも悪くも「こんなこと歯医者では初めて!」と驚かれることが多くあるようです。

何か不安なことがあればなんでもスタッフにお尋ねください。
当院のスタッフは「それ」が当たり前になっていまっていて、もしかしたら患者様に不安を与えてしまっているかもしれません。
当然そのようなことがないよう日々、気を付けて診療にあたるよう指導してまいります。

たとえば…初診時の「資料採り」などが挙げられるでしょう。
資料採りとは…

  • 歯式チェック(口腔内診査)…むし歯の有無、現状のお口の中のチェックです。
  • パノラマレントゲン撮影…エックス線写真を用いて目に見えない部分もしっかりと検査します。
  • 模型採得…お口の型取りを行い歯型の模型を作成することでかみ合わせなどの検査・診断をおこないます。
  • 顔貌写真撮影…一眼レフカメラを用いてお顔の写真を撮影し、お顔と口とのバランスなどを検査します。
  • 口腔内写真撮影…一眼レフカメラを用いて歯周組織の写真を撮影し検査します。また、患者様への説明にも非常に有用です。
  • 歯周基本検査…歯周ポケットの深さを測定し、歯周病の状態を検査します。

このように当院では来院時の痛みの症状が解消された段階で「資料採り」を行います。
このような検査は診断・治療計画の立案に必要不可欠なものと当院では考えております。
しかし、患者様の中にはこのようなことを他院でおこなったことが無いため、本当に必要なのかと思うかたも少なくありません。

治療計画の説明の際になぜそれが必要だったのかを感じていただくことができると思います。
当院では全ての患者様の治療計画院長自身で立案し、トリートメントコーディネーターによってカウンセリングを行います。
時間も1時間ほど枠を抑えており、患者様にわかりやすく説明します。
現状、こうなった理由、今からどうすればいいか、治療の順番、費用、期間、etc…
なんでもトリートメントコーディネーターに相談してください!

2020年10月5日

歯科にはよく受付の横や待合室に歯科グッズの物販コーナーがあることが多いですよね。
そういった陳列棚を眺めて色々と商品を見るのは楽しいものです😀

しかし、当院にはありません😅
では、当院では歯科用品の販売を行っていないのか。
いいえ、数多くの商品を取り扱っております‼

❓❔❓🤔❓❔❓

では、なぜそのようなコーナーがないのでしょうか。

それは、せっかく歯科医院に来ていただいているのですから
皆様一人一人に適した商品をこちらからご提案したい
からに他なりません。
商品を自分で選んで買うことなら大きなホームセンターや雑貨店、デパート🏢などで可能です。

私たちは歯科用品のデパートではありません。
ですので、物販コーナーも納得できる形であれば設置していいのかもしれませんが、今のところ未定です😓

歯科医院として、「皆様の口腔内に合わせた商品をご提案させていただくことを信条としております☝
そのため、直接提案させていただくことになる歯科衛生士などスタッフには日頃から商品の特徴の説明などの勉強会を行い、商品知識を高め、しっかりとご提案できるようにしております。

当院では物販の販売ノルマなどは一切設けておりません🚫🚫
必要のない患者様に商品を売りつけるようなことはあってはならないと考えているからです。
本当に必要と考える患者様に時間を割いて誠心誠意説明を行い購入していただいています。

もちろん、皆様からこういった商品はないのか?という質問をいただけたら説明させていただくことも可能です。
スタッフになんでも気軽に聞いてくださいね💡💡
担当の歯科衛生士やスタッフが丁寧に説明させていただきます⭐

2020年9月20日

当院では今年度から管理栄養士🍴を採用しております🙂
現在2名の管理栄養士が在籍しています。

まだまだ当院に在籍していることを知らない患者さんも多いかと思います😅
なぜ歯科で管理栄養士なのでしょうか🤔

採用のきっかけは、当院で進めている「平野区医療連携」の会議の場において、患者様の栄養指導を行いたいと相談をしたところ、「それなら自前で採用してはどうか」と提案されたことでした。
そこで採用活動を行い、歯科で活躍したいという管理栄養士2名を採用することができました🔅

彼女たちは非常にやる気に満ちており、医院に良い影響を与えてくれています。
歯科助手としてもどんどん成長してくれています。

将来的には、患者様一人一人の全身管理を行えるよう栄養コーディネートに携わってもらう予定です。
たとえば…

  • 初めて入れ歯を使う方
  • 親知らずなど歯を抜いた方
  • 歯ぐきの手術を行った方
  • 糖尿病の影響もあり歯周病が悪化し食事療法が必要な方

などへの食事指導、栄養指導を考えております。
また、

  • インプラント治療を行いよく食べられるようになった方
  • 歯周病が改善し、以前より噛めるようになった方

などへも指導が必要です。
実は食べられることによって糖尿病を逆に発症してしまう方もいらっしゃるからなんです。

また成人の方ばかりではなく、

  • 幼児のおやつ指導🍩
  • 小児のシュガーコントロール

なども、親御さん同席で行っていく予定としています。

当院にはコーディネートルームが2室ございますので、管理栄養士との相談をゆっくりできるようになると思います。

皆様の一生涯のかかりつけ歯科医院になれるよう一次予防に携わっていきます。
歯科は医科とは違い、病気ではなくともメインテナンス(予防)で通い続ける場所です🏥
歯科に通うことで皆様の全身の健康を守り、異変にすぐ気づき適切なアドバイスが行えるよう日々努力します。

なお、現在は簡単な「料理のレシピ」の作成を行っております。
この用紙はご希望の方にお配りしておりますのでぜひお声掛けください。
必要な方にはこちらからも案内いたします。
季節ごとの料理レシピを作成していく予定ですのでお楽しみに🥦🥕

2020年7月30日

こんにちは‼

本日は歯科治療は担当制がいいのかそれとも毎回先生が変わる方がいいのか、について書こうと思います。
当院は完全担当制ではございません。
基本的にはその時によって歯科医師(ドクター)が変わります。(メインテナンス時の歯科衛生士は基本的に担当制です)

担当制をとらない⭕⭕メリット⭕⭕は…
🔷 複数の歯科医師の眼が入るのでエラーが少なくなる
🔷 複数の歯科医師で症例を検討し、より良い治療が提供できる
🔷 担当の歯科医師の前の治療が終わるのを待たなくていいので待ち時間が比較的少なくなる傾向にある
🔷 患者様も複数の歯科医師を見ることができる
🔷 売り上げに走らない誠実な診療が可能
🔷 比較的予約が取りやすくなる
などが挙げられます。

逆に❌❌デメリット❌❌としては、
🔶 歯科医師により説明のニュアンスが異なる場合がある
🔶 歯科医師にとっては全ての患者様を把握する必要があり大変
🔶 スタッフが訓練されていないと、院内の患者様の状況や診療時間を把握することが困難である
🔶 毎回歯科医師が変わることに不安を感じる患者様もいらっしゃる
などが挙げられます。

当院では「どの歯科医師が診ても同じ治療方針」で治療を行っております。
ですので、担当制を採用せず、そのメリットを活かすようにしております。

しかし、希望がある場合は遠慮なくお申し付けください。
その場合は希望の歯科医師を担当に致します。
しかし、その場合でも全歯科医師と情報を共有し、治療方針を決定し定期的に治療状況を共有致します。

なお、メインテナンスにつきましては基本的に担当歯科衛生士を付け、経時的な経過をチェックできるようにしております。
その際も定期的に歯科医師が確認を行っておりますのでご安心ください。

 

2020年6月21日

皆様、梅雨に入りましたがいかがおすごしでしょうか🌂

コロナウイルス感染症も少し落ち着き自粛ムードも和らいできていますが油断は禁物です🙅‍♂️🙅‍♂️
さて、コロナ自粛中にジョギング、ランニング🏃🏃‍♀️を始めて、今も継続している方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方に向けたメッセージとなります。

ジョギングやランニングは健康にはとてもいいですし、適度な運動で汗をかくことは非常に気持ちがいいものですよね。
私自身、学生時代はずっと野球をしていましたので、運動は大好きです⚾

しかし、お口にとってはいいことばかりではありません🤔
何が悪いのでしょうか?

1つ目は…口呼吸になってしまうことです。

走るときに鼻呼吸のみの方はまずいないと思います。
口呼吸になると、口の中が乾燥し、唾液の虫歯に対する防御機構が働かず、虫歯になりやすい環境を作ってしまいます😢
もちろん短時間の口呼吸であれば問題ありませんが、長い間ジョギングされる方や、口呼吸がそのまま習慣になってしまっては危険です。特に昨今のコロナウイルス感染症問題でマスク着用時間がふえることにより口呼吸を行う方も増えているので気を付けてください。マスクをしているときに口呼吸になってしまっていませんか?
それに加えて、ジョギング中にスポーツドリンクを飲む方は要注意です💔

そうです…2つ目はスポーツドリンクによる弊害です🥃

スポーツドリンクは酸性であることと糖分が大量に含まれていることが問題です。
スポーツドリンクも一種のジュースにすぎません…。
ですから、スポーツドリンクでお口の中に糖分がある状態で長時間口呼吸でお口の中が乾燥状態にあると…。。
そうなんです…虫歯に非常になりやすくなってしまいます。

もうひとつは…疲れにより、歯磨きをサボってしまいがちになってしまうことです。
これはなんとか寝る前にしっかりと歯磨きをすることを忘れないようお願いします🙏

走って体力維持させることはいいことだと思いますのでそれでお口の中を疎かにしないようにしましょうね‼

 

1 2 3 4 5 6
 
城彩会歯科ガーデンクリニック